ハチの恐怖を無くす

近頃では、自宅の軒先にアシナガバチが巣を作ってしまうことで問題になっています。そもそも蜂は、雨・風などが避けられる安全な場所に巣を作る習性があります。そうなると、家の屋根下はとても暮らしやすい場所といえます。アシナガバチの巣の特徴は電球の傘のような形で、無数の六角形の穴があります。もしも巣に少しでも近づくと、アシナガバチは攻撃性が強いのですぐに威嚇してきます。また、巣を揺らして刺激すると、アシナガバチは仲間を呼んで群れをなして攻撃してくる場合があります。なので、ハチの巣の近くは本当に危険です。もしもハチに刺されると、その部分が腫れて痛い思いをします。スズメバチのように死にはいたりませんが、とても痛いです。なので、蜂の巣を見つけたら、アシナガバチ駆除を業者に依頼する必要があります。

自宅の軒下にアシナガバチの巣があったら、すぐにハチ駆除の専門家に駆除を依頼したほうが良いです。業者のアシナガバチ駆除の方法は、専門のスタッフが白い防護服を着用して、薬剤を散布してくれます。そもそもハチというのは、黒い色に攻撃をする習性をもっています。なので、白い防護服を着ることで、蜂の攻撃を防ぐことができます。薬剤散布のやり方は、まずアシナガバチとハチの巣に薬品を撒きます。そして、全てのハチの動きを鈍らせたら、ハチの巣をそのまま軒下から取ります。蜂が逃げないようにきちんとビニール袋につめれば、アシナガバチ駆除はひと段落します。その後、周りに残ったハチを薬品で殺虫して、アシナガバチ駆除はすべて終了となります。